お金が返せない時には

借りたものは返すのが常識ですが、借りたものがお金になると、場合によっては返すことができなくなるケースも少なくありません。
しかし、返せないので返さないというわけにもいきませんし、放置してもいずれは然るべき処分を受けることになります。
そこで、誠意を見せて対応するために債務整理という方法があります。
債務整理とは、法律家や裁判所を通して借金を整理する制度のことです。
法律が介入してくるため、どのような借り入れトラブルでも解決することができるでしょう。
債務整理は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という4つの方法が用いられています。
債務者の借金状況や収入状況などを汲み取り、最適と思われる方法で整理をすることができます。
例えば、収入があり、返済をする意志があるのなら任意整理、特定調停、個人再生のいずれかになるでしょう。
借金を減額してもらって返済をするため、返済負担が大幅に減らすことができます。
減額できる金額は方法により一様ではありませんが、最低でも利息分のカットは期待していいでしょう。
対して、収入がなく、返済をすることができないのなら自己破産の一択になるでしょう。
参考サイトを見る:自己破産

自己破産は、一部の財産をお金に換えて債権者に分配することにより、抱えている全ての借金をチャラにしてもらうことができます。
どの方法が良いとは一概には言えませんし、もちろんメリット・デメリットがあるので、各手段の内容をよく理解した上で検討しなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です