債務整理は借金状況に応じて選べる

債務整理は自己破産しかないと思われている方も多いですが、個人再生、任意整理などの方法もあります。
過払い金が発生している場合は、過払い金請求により利息の返還を受けることも可能です。
解決できない借金問題はないと弁護士が話すように、必ず解決できる問題なので心配はいりません。
どの方法がベストであるかについては、弁護士とよく相談をして決めていきます。
それぞれの方法により費用は変わりますし、現在の収入、借金総額なども考慮してベストな方法を選んでいく必要があるのです。
当初は自己破産を希望していた方も、弁護士と相談して個人再生のほうがいいと判断するケースは多いのです。

自己で簡易裁判所に申し立てをする特定調停という方法もありますが、手続きはすべて自分で行う必要はありますし、過払い金が発生していても返還は受けられません。
過払い金については、特定調停とは別に手続きをする必要があり、弁護士に任せた場合と比べて非常に面倒です。

弁護士に債務整理の依頼をする利点は、面倒な手続きをすべて代行してくれること、過払い金の返還を受けられること、即座に取り立てが止まることです。
借金の悩み、過払い金の問題がまとめて解決できますし、債権者と直接連絡する必要がないのは大きいでしょう。
実際に債務整理をした方は、手続きが簡潔で驚かれることも多いのです。
弁護士費用は安くはありませんが、借金の減額はそれ以上に高額になるため、経済的リスクを負うことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です